★妖精さんは恥ずかしがりや

  • 2020.09.22 Tuesday
  • 11:13

 

妖精さんは

 

恥ずかしがりや

 

 

 

 

 

なので…

 

「月と星と妖精ダスト」で

 

妖精さんが現れない時は

 

じぃーっと見ていても

 

現れないので

 

何回か再読み込みをしてみてね

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ありがとうございます☆

   メンタルセラピスト poro

 

 

 

★猫のしっぽが欲しい(2)

  • 2020.09.16 Wednesday
  • 20:57

 

三十年近く前…

 

 

 

大きな茶トラの雄猫が

 

家に出入りし始めた事。

 

 

 

太くて長い、

 

立派なしっぽをもつ猫だった事。

 

 

 

トラ、と名付けた猫は

 

希代の名ハンターで、

 

ヤマネやリス、キジバトまで

 

くわえて帰り

 

そのたびにあたりに

 

小池さんの絶叫が轟いた事。

 

 

 

森の中をよく一緒に散歩した事。

 

どこまでも忠実な犬のように

 

並んで歩いてくれた事。

 

 

 

彼のしっぽを軽くに握るのが癖になった事。

 

 

…………………………………………

 

 

ある年の秋、意気揚々と

 

出かけていった彼は

 

二度と帰ることがなかった事。

 

 

 

 

雄である彼のことを

 

格別に可愛がった

 

ご主人が逝かれた時…

 

 

トラに付き添われ、

 

そのしっぽを握りながら

 

森の中、

 

何やら楽しげに歩き去っていく

 

ご主人のまぼろしが目に浮かび

 

 

 

「私も猫のしっぽがほしい」

 

 

 

と、締めくくられています…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて…

 

 

 

 

死んで天国に行って、

 

こんなことがあったよ、と

 

神様と楽しくおしゃべりする道と、

 

小鳥になって生きる道があるとしたら、

 

どっちを選ぶ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ありがとうございます☆

   メンタルセラピスト poro

 

 

 

★猫のしっぽがほしい(1)

  • 2020.09.07 Monday
  • 20:19

 

「死んで天国に行って、

 

こんなことがあったよ、と

 

神様と楽しくおしゃべりする道と、

 

小鳥になって生きる道があるとしたら、

 

どっちを選ぶ?」

 

 

 

 

 

子どもは時に、

 

親に向かって面白い質問をする。

 

ある女性編集者は、八つになる娘から、

 

こう訊かれた。

 

八歳の女の子が「死」をとらえ、

 

感じ、考え、想像の翼を広げていく。

 

「死」は漠然としたかたちで、

 

子どもの心の中にも早くから陰影を落とす。

 

だが、無垢な想像力が、その翳りから

 

子ども自身を救っていくのだ。

 

くだんの女の子は大の猫好き。

 

家でも猫を飼っており、

 

「生まれ変わったら、猫のしっぽがほしい」

 

という名言を吐いた。

 

今現在、ほしいのではない。

 

生まれ変わったら、という想像力の妙。

 

輪廻転生ではないが、生まれ変わり、

 

という発想がすでに芽生えていて、

 

しかもそれが「猫のしっぽ」に

 

象徴されていることに

 

深く感動した・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記は、

 

作家の小池真理子さんが

 

朝日新聞に寄せられたものです。

 

 

 

 

 

小池さんは、更に…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ありがとうございます☆

   メンタルセラピスト poro

 

 

 

★お話しにきてね・・・

  • 2020.09.02 Wednesday
  • 20:36

 

JUGEMテーマ:健康

 

 

友達が…

 

幸せそうに…

 

みえる…

 

 

 

 

心がモヤモヤしたら

 

 

お話をしに

 

 

お越しください…

 

 

 

 

その心の

 

 

もやもや

 

 

お聴きします…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ありがとうございます☆

   メンタルセラピスト poro

 

 

 

★道を譲って下さい…

  • 2020.08.19 Wednesday
  • 20:41

 

ふ〜ら ふ〜ら

 

浜松は、41.1℃ ‼‼‼

 

ふらふら〜😵

 

 

 

連日猛暑が続く中

 

みなさん

 

お元気でしょうか…?!

 

 

 

マスク着用の

 

この夏

 

救急車のサイレンの音を

 

耳にすると

 

熱中症⁈

 

と、思ったりしますね…

 

 

 

 

だだ…

 

気づかれていましたか?

 

 

 

 

実は、ここ数年

 

交差点で

 

救急車が

 

進めないでいる状態を

 

よく目にするように

 

なりました。

 

 

 

 

 

 

緊急車両(救急車・消防車)が近づいてくれば、

 

車だけでなく、

 

歩行者も「道を譲る」のは

 

当たり前の事だと思っていましたが

 

最近では…

 

横断歩道を渡っている

 

歩行者が協力してくれないそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜでしょう???

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急車両も歩行者と接触したら

 

社会問題になるため

 

やむをえず最徐行し

 

マイクで歩行者に

 

「道を譲ってください!」

 

と、お願いしなければなりません…😥

 

 

 

 

 

 

なぜだろう???

 

 

 

 

 

 

他の先進国なら、

 

歩行者もすぐに道を譲り…

 

新興国であれば、

 

歩行者が居ても

 

緊急車両は凄い勢いで走ってきます…

 

 

緊急車両が

 

「譲ってください、お願いします!」

 

と連呼しながら

 

徐行しなければならないのは

 

 

……………………………………

 

 

 

悲しいことに…

 

日本だけだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

私も

 

熱中症に

 

なった事がありますが

 

苦しかったです…😥

 

 

 

 

 

 

 

もし…

 

乗っているのが

 

あなただったら…?

 

 

 

もし…

 

あなたの大切な人だったら…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆ありがとうございます☆

   メンタルセラピスト poro